歯周病治療

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気 の総称です。

歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため気付いていない方が多く、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

バクテリアセラピー

全身に与える影響

全身に与える影響

歯周病を放置すると、細菌が血液を通じて全身に回り様々な病気を引き起こす原因になるといわれています。

例えば、血流に乗って運ばれた歯周病菌が血管に付着すると動脈硬化になりやすく、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなります。

また、その他には糖尿病や骨粗しょう症、早産・低体重児出産、胃炎・胃潰瘍など様々な病気に影響を与えています。

歯周病治療の流れ

STEP1

診断


まずは、現状ついて患者さんから話を聞きます。

STEP2

歯周病の検査


レントゲンを撮影を行い骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態検査を行います。

STEP3

スケーリング


歯石を取り除きます。

STEP4

ルートプレーニング


スケーリングでは取ることのできない歯の根っこの部分の歯石や、 細菌に感染した歯質を除去します。

STEP5

再検査(再評価)


再検査の状況次第では次のステップが変わります。

STEP6

(1)メンテナンス

定期的なメンテナンスを行うことで歯周病になりにくい環境を整えます。


(2)歯周外科治療・歯周組織再生療法

歯ぐきを切って骨を出し、奥深くの歯石や感染歯質の除去や、溶けた骨の回復手術を行います。 

ページトップへ戻る

歯周組織再生療法

歯周病の進行によって破壊された骨などの歯周組織を再生する治療。

歯周組織再生誘導(エムドゲインゲル)

歯周組織再生誘導(エムドゲインゲル)

スウェーデンのビオラ社より発売されている、ブタの赤ちゃん(成長因子が豊富)の歯胚(歯を作る細胞)を主成分とした歯周組織再生誘導材料(エムドゲイ ン)は、2002年に厚生省の認可が下り、GTR法よりも成功率が高いため、現在再生療法の中で一般的に歯科医院で一番良く用いられています。


エムドゲイン (1ブロック) ¥80,000

※1ブロックとは 全部の歯を右上、左上、右下、左下の4ブロックに分けて、治療の必要な箇所の存在するブロックごとに日を改めて手術をいたします。

ページトップへ戻る
診療のご予約やお問合せはこちらから
医院名 ノエル貴島歯科
院 長 貴島 伸樹
住 所 〒581-0086
大阪府八尾市陽光園2-1-13
電話番号 072-995-5489
ノエルプレゼンツ
診療のご予約やお問合せはこちらから